TOP

【戦国時代 軍師伝レビュー vol.6】


不定期更新の「戦国時代 軍師伝」のレビューです。
今回は敗戦間際の長尾(上杉謙信)軍がその底力を発揮します。


【スキル炸裂!!】

神保家との壮絶な戦いも、作戦の失敗、別働隊の到着の遅れなどあり、長尾(上杉)家の敗戦が濃厚な状況であり、このまま押し切られるかと思ったその時、


家臣の甘粕長重「ぬおおおおおお!」の掛け声とともに画面に現れ、それと同時に近習が「甘粕長重殿、鬼人のごとき働きにて敵がひるんでますぞ!」と戦況を伝えると、敵の士気が見る見る減少していく。

さらに
柿崎景家が「我に続け!死に場所はここぞ!!」の掛け声とともに画面に現れ、先ほどの甘粕長重よりも更に敵の士気を減らしていく。

1ターンで2人もスキルが炸裂するのか!と驚いたのもつかの間、
今度は
長尾景虎が「でやああーーー!!」の掛け声とともに画面に現れ、先ほどの甘粕長重と同じくらい敵の士気を減らしていく。


何と3連続でメッセージ(スキル)が発生し、敗戦間近だった戦況をひっくり返し、神保家を撃破しました。これが今回のゲームの合戦における目玉「
スキル」の発動です。
ちなみに今回発動したスキルは柿崎景家が「
豪傑」、謙信と甘粕が「勇猛」でした。このスキルは他にも複数の武将が持っていますが、その発現率は個々の武将の戦闘力によって変わってきます。その為戦闘力が高い長尾(上杉)軍団の武将たちは高確率でスキルを発動させてくれます。これが上杉軍団の恐ろしさです。

次回は野戦から篭城した神保家に対して、攻城戦を仕掛けますましたので、それをレポートします。