鉄砲保有数とその戦闘効果

ここでは不如帰における鉄砲の威力について説明しています。

不如帰では鉄砲は戦闘中に1回しか使用できませんが、その威力(戦闘効果)は絶大です。またその威力も保有している数によって変化します。下の表は鉄砲を使用した時にその保有量に対応して、戦闘効果がいくつ加算されるかをまとめた表です。ここで注意すべきは、鉄砲は4丁単位で戦闘効果が上がっていくということです。つまり4の倍数保有するように購入していくのが効率的な購入方法ですね。

また表の右端には、いけんコマンドで出てくる様々な意見の効果や、降伏大名や盟主大名が援軍に来た時などの戦闘効果を、鉄砲の威力に換算すると何丁分あるのか判るように表記しています。合戦の際の参考にして下さい。

ちなみに挟み撃ちの陣形を選んで別働隊が到着すると、その後常に鉄砲を40丁撃つのと同じ効果が、また降伏させている大名家が7家以上援軍に来ると鉄砲120丁毎回撃ち続けるのと同じ効果があります。また上杉謙信の車縣りの陣(新しい陣形)は鉄砲80丁撃つのと同じ効果があるのが判ります。さすがに強力ですね。





鉄砲数 追加効果 その他の効果との比較
1〜3 0
4〜7 1
8〜11 2
12〜15 3
16〜19 4
20〜23 5
24〜27 6
28〜31 7
32〜35 8 降伏大名の援軍数=1
36〜39 9
40〜43 10 別働隊(挟み撃ち選択時)
44〜47 11
48〜51 12 降伏大名の援軍数=2
52〜55 13
56〜59 14 盟主大名の援軍(降伏時)
60〜63 15
64〜67 16 降伏大名の援軍数=3
68〜71 17
72〜75 18
76〜79 19
80〜83 20 降伏大名の援軍数=4
大名の意見(新しい陣形)
家臣の意見
84〜87 21
88〜91 22
92〜95 23
96〜99 24 降伏大名の援軍数=5
100〜103 25
104〜107 26
108〜111 27
112〜115 28 降伏大名の援軍数=6
116〜119 29
120 30